糖尿病におけるインスリンでの治療は??

糖尿病の症状やタイプによって、インスリン療法の内容っていうのは変わってくるんだって!!
「基礎分泌」と呼ばれる、一定の量が24時間出るというすい臓からのインスリンの分泌と・・・。

スポンサードリンク

「追加分泌」という食事なんかでの血糖値上昇のタイミングによって出るというものとあるわけ。
インスリン分泌のタイミングが悪いとか量が少ないと、分泌力が保たれていても2型の糖尿病では高血糖になってしまうことがあるようでね。
うまくたもたれてる分泌力を活用することで血糖コントロールをするのが2型の糖尿病のインスリン療法となるわけ!
血糖値の改善には「速効型」や「超速効型」で追加分泌を行うんだって。
1型の糖尿病では・・・。
インスリン注射で両方の分泌分を補っていく必要があるようだよ~(*_*;
「持続時間」「ピーク」「効果開始時間」という注射を皮下にした後の違いでインスリン製剤は
種類があってね。
「持続型」「中間型」「速効型」「超速効型」という4種類があるそうだよ~。
中には混合での製剤っていうのもあって・・・。
うまく特徴を生かすことで使っていこう!!
痛みがあまりない、キット製剤やペン型の製剤が主流となってるそうでね。
低血糖の心配を少なくする、24時間で安定してる効果を期待できる「持続型」と呼ばれるタイプも出ているんだとか!!
血糖のコントロールのために使うのがインスリン療法・・・。
良くなれば必要なくなることもあるし、たんに病状が進んでるってことではないようだよ~。
インスリン分泌力が回復することが、インスリン療法ですい臓を休ませることで期待もできるんだって(^。^)

サイト内関連記事

糖尿病の薬物療法は??
「経口剤療法」と「インスリン療法」の二つがあるのが糖尿病での薬物療法となるそう......
糖尿病での運動療法を知る。
糖尿病の運動療法・・・。 難しく考える必要はないわけ!! ちょっとして日常生活......
糖尿病において食事療法で見直してみる?
糖尿病に効果のある治療法法として、薬物療法や食事療法と同じように、運動療法が考......
糖尿病で食事療法を見る。
必要な栄養をバランスよく摂るっていうことが糖尿病の食事療法で大切なことでね!!......
糖尿病で食事療法を考える・・・。
インスリンの欠乏とか不足によって起こるのが糖尿病でね。 だから、食事療法ってい......

▲このページのトップへ

糖尿病は早めに予防してしまおう♪イメージ

携帯版のQRコード

糖尿病は早めに予防してしまおう♪:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://amerifone.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。